スポンサーリンク
風俗体験談

別府ソープ「Mooニング娘」えまの体験談!NNやNSは?評判や口コミを調査

今回は、大分県別府市にあるMooニング娘(もーにんぐむすめ)のえまさんの体験談についてまとめてみますー!

Mooニング娘(もーにんぐむすめ)は、シティヘブンの投票で大分県ナンバーワンの風俗店に輝いた有名店です。

Mooニング娘(もーにんぐむすめ)に行ってみようと思っている人、Mooニング娘(もーにんぐむすめ)のえまさんが気になっていたという人の参考になれば嬉しいです。

別府ソープ|Mooニング娘(もーにんぐむすめ)のお店情報

店名Mooニング娘(もーにんぐむすめ)
業種ソープランド
営業時間10:00~24:00
電話番号0977-23-8419
住所大分県別府市元町16-17
サイト公式HP

別府ソープ|Mooニング娘(もーにんぐむすめ)の料金システム

女子●生痴漢コース

時間料金
40分12,000円
50分16,000円
60分18,000円
70分20,000円
100分32,000円

女子●生調教コース

時間料金
60分20,000円
90分23,000円
120分38,000円

 

別府ソープ|Mooニング娘(もーにんぐむすめ)えま嬢の体験談・口コミや評判!NNやNSはある?

別府ソープ|Mooニング娘(もーにんぐむすめ)えま嬢のプレー内容と満足度

店名:Mooニング娘
地域:大分県(別府市元町)
担当女性の名前:えま(20歳)
プレー全体の感想:痴漢プレイで大興奮!

ほんの数日前のこと、偶然入ったパチンコ屋で暇つぶしに座った台が大当たり。

財布もふくらみよぎったのが、最近噂になっている店「Mooニング娘」のことだ。

この店は、プレイスタイルが他店とは大きく違うことがある。それは、NNの姫がいるというのだ。別府と言えば焼肉激戦地で、庶民的な老舗で腹ごしらえをしたあと、いよいよ向かうことに。

いつも座っているおじさんに、「いい子つけてよ。噂聞いてるからできる子で」といってチップを渡すと「ニヤッ」と笑って耳元で「えまちゃん」と教えてくれた。

受付で知らぬふりをして説明を聞くと、噂に間違いはなかった。「NN」ならこの料金。ゴムならこっちね。とあっさりと説明。

「いま女子高生のコスプレやってるから、これがお得ですよ!」と薦められ、手枷、足枷、〇F、イマ〇チオ、顔〇、ごっ〇ん、スパン〇ング、聖〇と盛りだくさんのオプションが無料でついている。

おまけに、なんなら「夜這いコースってのもありますよ」と言うので「セーラー服が似合う若い子は?」と知らぬ顔で聞くとおじさんから聞いた子とは違う子を薦めてきた。

少し渋っていると「えまちゃん、どう?若くて似合うよ」と来たので、「じゃあえまちゃんで、痴漢とかしていい?」と言うと「わかりました。言っとくから」とOKが出て、心の中でガッツポーズをした。

正直写真は加工も多いし、半信半疑で待っていると「案内しますから」ときた。

ん?女の子が迎えに来ないのか?と思いつつついていくと、「入口をそーっとあけて入ってください」と言われ、こっそり入ると、セーラー服姿の小柄な子が、ベッドの上でバ〇ブでオ〇ニーをしていた。

脚を軽く開き、こちらに見えそうな角度で、時折腰を浮かせながら、ピクン、ピクンと反応していた。

俺はパンツも脱ぎ捨て、ゆっくり近づいていった。ベッドの縁からのぞくと、ローターと思ったら見事に挿入された大人のおもちゃが、うねうねと回りながら音を立てていた。

そこで、軽く手を伸ばしバイブを押すと、「あ~あ~んっ」とかわいい声がした。

ベッドの下にはいかにも女子高生がはいているような、パンツが落ちていて俺はその匂いを嗅いだ。甘酸っぱくまだ男を余り知らないような感じがして、興奮を抑えるのが必死だった。

もう一度バイブを突いて奥にいれようと、手を伸ばした時だった

「誰、いやぁーーーー」と叫んだので、

俺はえまの口を手でふさぎ、

「だまれ!声を出したらこの写真ばらまくぞ」と言いながら、置いてあった手かせで動けないようにした。

えまは、半泣き状態で「だれ?」「なんなのよぉ~」と少し甘ったるい声を出していたが、

「どうでもいいだろ!女子高生がこんなこと覚えて、誰に習ったんだ!言ってみろ」というと、

「いえない。叱られる」というので、俺はイチモツでビンタをした。

「いやっ、やめて」といいながらも、バイブは突っ込んだままで動いている。

「うそつけ、じゃあなんだこれば!」と言って、バイブを奥に突き入れると「あーーーーっ」と言いながら身体をのけぞらせた。

「なんだよ、この感じ方は。やりまくってんじゃねえのか? おら、おら」と頬にペシペシと音お立てながらイチモツを当てながら、セーラー服のファスナーを少しずつ下げていった。

真っ白なブラと、小ぶりだがまだ若いピチピチした透き通るような白い肌が見えてきた。

「ほお~なかなかいいじゃないか」といって、イチモツで乳首のあたりを突いてみると、

「いやぁ~」「やめて~っ」と抵抗する。

俺はさっき手に入れたパンティをえまに見せ、「いいもん拾ったぜ。どんな匂いか嗅いでやるよ」というと

「変態!やめて、返して!」というので、わざとチ〇ポに巻き付けてこすってやった。

「ひどい。お気に入りなのに~」というから、

「そうか、誰かにもらったのか?」というと黙ったので、

「おまえをこんなにエッチにした男からもらったんだな」と軽く髪を引っ張りながら言うと黙ってうなずいた。

「よーぉし、当ててやるよ」と言って、

「こんなエッチに調教したのは、おまえより年上だよな。しかも経験も豊富なヤツだ。おまけにこんな下着が好みというのは、ちょっとロリコンなやつだよな」

「おまえの学校のセンコーだろ。ん? どうだ?」というと黙ったまま顔を背けた。

顎を軽くつかみ「こっち向けよ。どうなんだ?」といって、俺は生徒手帳を探しながら、胸をもみまくった。

「いやっ!触らないで」と口では言っていたが、バイブはずっと挿入したままだ。

「バイブ突っ込んだまま、イヤとかいっても説得力ねーよ」といいながら、胸をまさぐりブラをずらした。

さすが女子高生だ。

乳首が見事なピンク色で、片方は陥没している。

「ほーぉ~っ。これツンツンしたらどうなるかな~」といいながら、俺は片方の乳首に吸い付き、もう片方は指でツンツン突いてみた。

なんと感度がいいんだろうか。すぐに堅くなり、陥没乳首もビンビンに飛び出てきた。

パイズリをさせるには少し小ぶりだがこの透明感のある若い肌はなんともいえない、感触だった。

「おーっ、吸い付くような肌だなあ。たまんねえなあ」と言って、両手で乳をもみ、乳首を寄せて同時に舐めまくった。

必死に脚を動かし抵抗するものだから、とうとうバイブが抜け出てしまった。

俺はバイブを拾うと、わざと顔の前で「これしゃぶるか?」と聞いた。黙って顔を背けたので、「じゃあ、どっちをしゃぶるか決めろ!」と俺のビンビンのイチモツとバイブを並べた。

こっちを見ようとしないので、指をマンコに入れると。「ひぃっ!」と声をあげこっちを見た。

「どうする?おまえのマンコに入ってたマン汁まみれのバイブか、おれのか。選べよ」というとチラチラと俺のイチモツをみながらも、また顔を背けた。

じらしやがるなあと少し興ざめしかけたので、「ようし、おれがおまえのマンコの味をみてやろう」と両脚を抱えて身体を折りたたむように脚を顔の方まで持って行きながら、いきなり貪るようにマンコを舐めまくった。

「いやぁぁ~。先生助けて~」とか細い声で言うのが聞こえたが、知らんぷりをして若いマンコを味わい続けた。すごく感じやすいのか、それともクリを攻められる刺激に弱いのか、身体をよじったり、ビクッとさせながら、時折俺のほうにマンコを押しつけてくるようになった。

「ほぉ~。あんな嫌がってたのに俺の方にマンコを押しつけてくるのか。

おまえ相当仕込まれたなあ先生に」というと、はっ!とっした顔をして、「誰にも言わないで」と言ってきた。

「いいけど、その分俺のも気持ちよくしてくれよ」と言うのと同時にえまの口に突っ込んだ。

えまは、ぎこちなく舐めていたが、「ほんとは仕込まれたんだろ。もっと気持ちよくしろよ」というと、舌をからませたり、肉棒の回りから裏筋、そして袋までたんねんに舐め始めた。

「お~っ。いい子だなあ。できるじゃないか」「ほらもっと気持ちよくしろよ」といって、俺は69の体制になってえまの吸い付くようなマンコを貪った。

えまのクリは見事なピンクで、隆起してくるのがとてもよく分かった。

舌先ではじいたり、甘噛みすると「あ~~っっ!」「はぁぁ~ん」と舐めるのを辞めて声を上げ始めた。

ようしそろそろだな。

と思った俺は「どっちがいいか、よく味わえよ。先生か俺か、おまえの身体にきいてやるからな」と言って、生のままマンコに挿入した。

「いや~っ」「生だめ~」「生はだめ~」と言っていたが、不覚にもえまのマンコの締まりは絶妙でとても狭く、きつかった。

からみつくように俺のイチモツを飲み込み、長さと太さ、持続力にも自信があった俺だが、動かしているうちにイキそうになった。
(あぶない、ここでイッたらもったいねえと思い)

「ようし、今度はおまえが上だ。自分で入れてみろ」というと、えまは生のまま俺のイチモツをゆっくりとあてがい、クリにもチンポを当てて感じていた。

「はぁ~ん、あっ、あっ、あ~ぁん。いいよ~」と喘ぎながら楽しんでいた。

「なんだ、本当は好きなんだろ?正直に言ってみろ」というと

「好き、チンポ好き」

「挿れていい?」というので、「自分でしてみろ」というと、胸を自分でもみながら、チンポをズブズブと飲み込んでいった。

いきなり前後に腰を振り、クリをおしつけるようにグイグイ攻めてくる。

綺麗に手入れされた毛は、男性経験のない本当の女子高生のようにきれいで、半脱ぎのセーラ服とずらして肩紐が落ちかけているブラが妙に興奮させた。

俺は右手の親指と小指で両方の乳首をグリグリと愛撫し、左手でクリをもてあそんだ。

「あ~っ、それいい!!もっとして~」という声は、経験豊富な人妻のようにも見え、そのギャップに少し驚いた。

えまは、身体を180度まわすと、両脚をベッドにつけて腰を浮かせ、上下に激しく動き始めた。

「くぅ~~っ。なんて締まりがいいんだ。たまんね~」と言うと「出して。えまの中に出してね」と言いながら腰を振り続けた。

俺はバックも試したかったが、えまの見事な腰使いに合わせて下から突き上げていった。

白いすべすべのすこしもっちりとしたお尻がまたかわいく、着衣でパンティをずらしてハメたら、似合うだろうな~と思っていたら興奮がとまらず、

「あ~っもうだめだ。いくぞ。いいんだな中で」と言うのと同時に、おれはえまの中に大量にぶちまけた。

えまは身体をビクビクさせながらのけぞり、「あ~ぁ~ん。熱いのくる~」と一緒に果てた。

えまはすぐに抜くことはせず、しばらくそのまま締め付けてきて、膣の中がピクピクしているのが伝わってきた。

「私、先生よりこっちがいい!」と振り向いて抱きついてきた。

「かわいいな、すごく」というと、笑顔で「ありがとう」といってくれそのまま抱きしめあった。

 

大分の本番/NS/NN風俗情報

 

体験談ライター大募集!

当サイト「アダルト裏ボード」では、日本各地の風俗店や大人のお店の体験談を募集しています。

  • デリヘル、ヘルス、ソープランドなどの体験談
  • メンズエステでできたおいしい体験談
  • 地元にしかない特殊なお店の体験談
  • あまり有名じゃない裏風俗の体験談
  • グレーゾーンの違法風俗の体験談
  • エクセルやワードプレスを使った記事更新作業
  • 風俗情報のリサーチ作業

などなど

日常的に大人のお遊びをされている方や、特殊なお店やサービスの経験をお持ちの方をはじめ、コツコツした作業が好きな方など大歓迎です!

  • 朝夕の通勤・通学時間
  • お昼の休憩時間
  • ちょっとした空き時間

などでも、気軽に副業・お小遣いを稼ぐことが可能ですよ。

また、ライターさんを増やして、サイトでは書けないような体験談を共有するような構想もあります。

情報共有されたい方にもオススメです!

 

応募フォームはこちら

こちらもオススメ!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.